【もはやスタンダード】メール配信システムで狙った営業アプローチ

PC

仕組みと活用方法

IT

メール配信システムを利用した営業活動をメインに行なっているという企業もあるでしょう。一般消費者を対象に営業を行なっていると、全てのお客さんの元に営業をしにいくというのは非効率的で、また不可能です。そのため最近ではメールアドレスを元にメールマガジンを発行して営業を行なうスタイルが登場してきました。メールマガジンの歴史はそれほど長くなく、まだまだ発展段階の情況にいます。メールマガジンに対向するショートメッセージという手法も編み出される程様々な方法が開発されていますが、まだまだ一般的な方法はメールマガジンであり、導入自体も簡単ということで多くの企業が行なっています。メールマガジンを発行するために使用するのがメール配信システムですメール配信システムはその名の通りメールの配信を主に行うシステムのことで、大量のメールを送信できる為に効率のいい送信を行なっていきます。メール配信システムはソフトを使用した方法と、ASPと呼ばれる企業に依頼して行なう方法があり、一般的には後者のASP型が用いられます。
ASP型のメール配信システムは企業が既にシステムを構築していて、あとは送信する内容を考え、登録するだけで送信をすることが出来ます。メール配信システムは構築が意外と面倒な場合がありますが、ASP型の場合は構築作業が不要な分素人でも利用することができます。具体的な利用の手順は、まずASP型のメール配信システム業者と契約を行ないます。契約と言っても企業と企業の契約のような形ではなく、サービスの利用権を月々払いしたり、また年間払いで取得します。すると専用のフォームが与えられ、このフォームを利用して送信するメールマガジンの内容を登録し、送信日を指定しておきます。送信を行う前にどのメールアドレス宛てに送信を行なうかなどのアドレスの指定をしてあげ、あとは送信を行ないます。するとシステムがアドレス宛てに自動的にメールマガジンを送信していきます。専用システムなため送信対象アドレスが数千から数万件あったとしても効率的に処理することができ、送信こぼれを少なくすることが出来ます。