【もはやスタンダード】メール配信システムで狙った営業アプローチ

PC

目的別で選び方を変える

PC

メールの送信が少なくなってきている現代ですが、まだまだビジネスの上ではメールによる通信が一般的に行なわれています。メールを活用したビジネス方法も日常的に用いられていて、この時人使用するものがメール配信システムです。メール配信システムを使用すると効率的に大量の送信先にメールを送信できる特徴があります。送り先が多くなればなるほど送信に必要なシステムの規模も大きくなりますが、メール配信システムを利用する上で重要なこととして、何の用途で利用するかがあります。メール配信システムでは基本的に様々なメールの内容を送信できます。しかし何でもできるからこそ目的を絞った利用が求められ、利用する前にはある程度目的を決めておくことが大切になってきます。
例えばメールマガジンを送信する目的でメール配信システムを利用するとして、テキスト型のメールのみを送信するとします。テキストメールはファイルサイズが小さい為一件あたりに必要なアップロード容量は少なく、低プランで利用することができます。そのため格安のメール配信システムでも対応することが出来る事が多く、無駄な消費をすること無くメールマガジンを発行することが出来るでしょう。一方、テキストメールではなくHTMLを利用したリッチメールの場合は一件あたりのファイルサイズが大きく、アップロード容量が大きくないと直ぐに上限値まで達することがあります。そのため十分な件数に送るためには高プランを契約する必要があり、比較的高機能なメール配信システムを利用する必要があるでしょう。これら見極めは目的が決まっていれば特別なことをしなくても決まってくるもので、どんなプランを契約したらいいのか分かります。ですが目的が決まっていなければ取り敢えず何でも出来る高プランに契約することになり、無駄な費用を支払うことになることも考えられます。テキストメールとHTMLメールだけでもどのプランが良いのか選ぶことができますが、送信した内容を分析したり、また開封確認などがしたいという場合はこれら機能が付いたプランを利用する必要もあるでしょう。